Reflektor Night Visions Unorthodox Jukebox Yours Truly Truth About Love 20/20 Experience Red: Deluxe Edition ミッドナイト・メモリーズ The Marshall Mathers Lp2 アートポップ-デラックス・エディション(初回生産限定盤)(DVD付)(特別価格) ナッシング・ワズ・ザ・セイム

■ 第55回グラミー賞ノミネート作品 or 受賞結果




1959年の第1回授賞式から今回で55回目を迎えるグラミー賞。
その長い歴史が物語るようにアメリカが世界に誇る最大にして最高権威の音楽賞。

2013年、第55回グラミー賞の授賞式は、2月11日 (日本時間) に
ロサンゼルスのステイプルズ・センターにて行われ、米CBS で生中継されます。

( 日本では2月11日午前9時45分より WOWWOW にて生中継されます。[通訳入りです] )


グラミー賞の中でも、『 年間最優秀レコード 』、『 年間最優秀アルバム 』、
『 年間最優秀楽曲 』、『 最優秀新人賞 』 の4部門は、もっとも注目を集める賞です。

昨年は、アデルが主要3部門を独占し、最多6部門を受賞!


授賞式と言えば毎年楽しみなのが
アーティストたちによる数々のライブパフォーマンス!

アデルは、1年ぶりにステージへ復帰することが正式に発表され、
『 アカデミー歌曲賞 』 にノミネートされている映画、『 007 スカイフォール 』 の主題歌
『 スカイフォール 』 を熱唱する予定です。

また、リアーナ、テイラー・スウィフト、ザ・ブラック・キーズ、ザ・ルミニアーズ、
キャリー・アンダーウッド、ジャック・ホワイト、マムフォード&サンズ、FUN.、
エルトン・ジョンがエド・シーランとパフォーマンスすることが発表されました。

各ノミネート・アーティストと受賞者(受賞者は) (2/11追加)


■ 年間最優秀レコード ( Record of The Year ) ■


対象期間内に発表された最も優秀な1曲に贈られます。
アーティストをはじめ、プロデューサー、レコーディング、ミキシングの各エンジニアなど、
楽曲のレコーディングに携わった人が授賞の対象となります。

※曲名をクリックするとPV視聴、歌詞などがご覧になれます。
一部PV視聴のみのもあります。


ブラック・キーズ ( Black Keys )  『 Lonely Boy ( ロンリー・ボーイ ) 』

■ ケリー・クラークソン ( Kelly Clarkson )  『 Stronger( What Doesn't Kill You )
( ストロンガー(ホワット・ダズント・キル・ユー)) 』


■ ファン ( FUN. )  『 We Are Young ( ウィ・アー・ヤング ) 』

■ フランク・オーシャン ( Frank Ocean )  『 Thinkin Bout You ( シンキン・バウト・ユー ) 』

■ テイラー・スウィフト ( Taylor Swift )  『 We Are Never Ever Getting Back Together
( 私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない ) 』


 ゴティエ ft. キンブラ  ( Gotye ft. Kimbra )  『 Somebody That I Used To Know
( サムバディ・ザッツ・アイ・ユーズド・トゥ・ノウ ) 』



■ 年間最優秀アルバム ( Record of The Year ) ■


アーティストをはじめ、プロデューサー、レコーディング、ミキシングの各エンジニアなど、
アルバムのレコーディングに携わった人が授賞の対象となります。


■ ブラック・キーズ ( Black Keys )  『 El Camino ( エル・カミーノ ) 』

■ ファン ( FUN. )  『 Some Nights ( サム・ナイツ ) 』

 マムフォード&サンズ ( Mumford&Sons )  『 Babel ( バベル ) 』

■ フランク・オーシャン ( Frank Ocean )  『 Channel Orange ( チャンネル・オレンジ) 』

■ ジャック・ホワイト ( Jack White )  『 Blunderbuss ( ブランダーバス )』






■ 年間最優秀楽曲 ( Record of The Year ) ■


対象期間内に発表された最も優れた楽曲に贈られます。
ソングライターが授賞の対象となります。

■ エド・シーラン ( Ed Sheeran )  『 The A Team ( Aチーム ~飛べない天使たち~ ) 』

ミゲル ( Miguel )  『 Adorn ( アドーン ) 』

 ファン ( FUN. )  『 Some Nights ( サム・ナイツ ) 』

■ ケリー・クラークソン ( Kelly Clarkson )  『 Stronger( ストロンガー( ホワット・ダズント・キル・ユー)) 』

■ カーリー・レイ・ジャプセン ( Carly Rae Jepsen )  『 Call Me Maybe ( コール・ミー・ベイビー ) 』


■ 最優秀新人賞 ( Record of The Year ) ■


対象期間内に楽曲を発表し、選考委員であるNARAS会員が最も優秀な新人だと思う
アーティストに贈られる賞です。


■ ハンター・ヘイズ ( Hunter Hayes )

■ アラバマ・シェイクス ( Alabama Shakes )

 ファン ( FUN. )

■ ザ・ルミニアーズ ( The Lumineers )

■ フランク・オーシャン ( Frank Ocean )


その他の主な賞のノミネーション作品は以下になります。


■ 最優秀ポップ・パフォーマンス (ソロ) ■


 アデル 『 セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン(ライブ) 』

■ ケリー・クラークソン 『 ストロンガー( ホワット・ダズント・キル・ユー)) 』

■ カーリー・レイ・ジェプセン 『 コール・ミー・ベイビー 』

■ ケイティ・ペリー 『 ワイド・アウェイク 』

■ リアーナ 『 ホエア・ハブ・ユー・ビーン ) 』


■ 最優秀ポップ・パフォーマンス (グループ) ■


■ フローレンス・アンド・ザ・マシーン 『 シェイク・イット・アウト 』

■ ファン. 『 ウィー・アー・ヤング ft. ジャネール・モネイ ~伝説のヤングマン~ 』

 ゴティエ 『 サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ ft. キンブラ ~失恋サムバディ~ 』

■ LMFAO 『 セクシー・アンド・アイ・ノウ・イット 』

■ マルーン5&ウィズ・カリファ 『 ペイフォン 』


■ 最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム ■


 ケリー・クラークソン 『 Stronger / ストロンガー 』

■ フローレンス・アンド・ザ・マシーン 『 Ceremonials / セレモニアルズ 』

■ ファン. 『 Some Nights / サム・ナイツ 』

■ マルーン5 『 Overexposed / オーバーエクスポーズド 』

■ ピンク 『 The Truth About Love / ザ・トゥルース・アバウト・ラヴ 』






■ 最優秀ダンス・レコーディング ■


■ アヴィーチー 『 レベルズ 』

■ カルヴィン・ハリス ft. ニーヨ 『 レッツ・ゴー 』

 スクリレックス ft. シラー 『 バンガラング 』

■ スウェーディッシュ・ハウス・マフィア ft. ジョン・マーティン 『 ドント・ユー・ウォーリー・チャイルド 』

■ アル・ヴァルザー 『 アイ・キャント・リヴ・ウィズアウト・ユー 』


■ 最優秀ダンス / エレクトロニカ・アルバム ■


■ スティーヴ・アオキ 『 Wonderland / ワンダーランド 』

ケミカル・ブラザーズ 『 Don't Think / ドント・シンク 』

■ デッドマウス 『>Album Title Goes Here< / >ココにタイトルを入力< 』

■ カスケード 『 Fire & Ice / ファイアー&アイス 』

 スクリレックス 『 Bangrang / バンガラング 』






■ 最優秀ロック・ソング ■


■ ジャック・ホワイト 『 フリーダム・アット・ 21 』

■ マムフォード&サンズ 『 アイ・ウィル・ウェイト 』

 ブラック・キーズ 『 ( ロンリー・ボーイ ) 』

■ ミューズ 『 マッドネス ~狂おしい愛~』

■ ブルース・スプリングスティーン 『 ウィ・テイク・ケア・オブ・アワ・オウン 』


■ 最優秀ロック・アルバム ■


 ザ・ブラック・キーズ 『 El Camino / エル・カミーノ 』

■ コールドプレイ 『 Mylo Xyloto / マイロ・ザイロト 』

■ ミューズ 『 The 2nd Law / ザ・セカンド・ロウ 』

■ ブルース・スプリングスティーン 『 Wrecking Bell / レッキング・ボール 』

■ ジャック・ホワイト 『 Blunderbuss / ブランダーバス 』






■ 最優秀ラップ・コラボレーション ■


■ フローライダー ft.シーア 『 ワイルド・ワンズ 』

 ジェイ・Z&カニエ・ウェスト ft.フランク・オーシャン&ザ・ドリーム 『 ノー・チャーチ・イン・ザ・ワイルド 』

■ ジョン・レジェンド ft.リュダクリス 『 トゥナイト (ベスト・ユー・エヴァー・ハド) 』

■ ナズ ft.エイミー・ワインハウス 『 チェリー・ワイン 』

■ リアーナ ft.ジェイ・Z 『 トーク・トーク・トーク 』


■ 最優秀ラップ・アルバム ■


 ドレイク 『 Take Care / テイク・ケア 』

■ ルーペ・フィアスコ 『 Food & Liquor II: The Great American Rap Album, Pt.1 /
フード&リカー2:ザ・グレイト・アメリカン・ラップ・アルバム PART1 』

■ ナズ 『 Life Is Good / ライフ・イズ・グッド 』

■ ザ・ルーツ 『 Undun / アンダン 』

■ リック・ロス 『 God Forgives, I Don't / ゴッド・フォーギヴス、アイ・ドント 』

■ トゥー・チェインズ 『 Base On A T.R.U. Story / ベースド・オン・ア・トゥルー・ストーリー 』












0 件のコメント:

コメントを投稿