Reflektor Night Visions Unorthodox Jukebox Yours Truly Truth About Love 20/20 Experience Red: Deluxe Edition ミッドナイト・メモリーズ The Marshall Mathers Lp2 アートポップ-デラックス・エディション(初回生産限定盤)(DVD付)(特別価格) ナッシング・ワズ・ザ・セイム

■ Taylor Swift ( テイラー・スウィフト ) - Red ( レッド ) - 無料PV視聴 / 日本語・英語歌詞




シンガー・ソングライター、テイラー・スウィフトの2年ぶりとなるスタジオアルバム
レッド (RED)からの第2のプロモーションシングル曲及び6曲目のシングル曲です。

iTunesシングルチャートではナンバーワンを獲得。

10/12付けの全米シングルチャートでは初登場6位を獲得!


最新シングル曲のミュージックビデオが公開されました! (7/4追加)

ビデオは『レッド・ツアー』など様々なライブ映像を織り交ぜています。

テイラー自身が2年間の間に経験した恋愛を綴った詩は共感が持てます。

Red
Taylor Swift


Red
Live from New York City


Red


Red( レッド )はレッド (RED)の収録曲です。
2012年10月24日リリース。

全米アルバムチャートにて初登場ナンバーワンを獲得!






- レッド -

彼を愛すること、行き止まりの道を新車のマセラッティで運転するようなもの
風よりも早く
罪を犯してるように情熱的で、突然終わってしまう
彼を愛することって、それは心を変えようとしているようなもの
一度はすでにまっさかさまに落ちていったわ
秋の色のように
全てを失う前には色鮮やかに輝いていた

彼を失うことは、今まで知ることのなかった青色
彼を恋しく思うことは灰色、ひとりぼっちで
彼を忘れようとすることは、知らない誰かと知り合いになること
でも、彼を愛することは赤色だった
間違いなく赤色だった

彼に触れること、それは今まで欲しかったものが目の前にあったと気付くこと
彼を覚えること、それはお気に入りの曲をすべての歌詞を知ってるのと同じくらい簡単だった
彼とのケンカは、クロスワードパズルを解こうとして、それには正しい答えなんてないと気付くこと
彼の事を後悔すること、本当の愛は強いものだって気付かないで欲しいと願う事

彼を失うことは、今まで知ることのなかった青色
彼を恋しく思うことは灰色、ひとりぼっちで
彼を忘れようとすることは、知らない誰かと知り合いになること
でも、彼を愛することは赤色だった
ああ、燃えるような赤色だった

彼を思い出そうとすると、まるで響くようにフラッシュバックするの
自分に言い聞かせるの、前に進まなきゃって
だけど、彼を忘れて前に進むなんて無理だわ
私の頭の中にはまだ彼の全てを覚えてるから

赤く燃え上がるような
それは、最愛の人の赤色だった

彼を失うことは、今まで知ることのなかった青色
彼を恋しく思うことは灰色、ひとりぼっちで
彼を忘れようとすることは、知らない誰かと知り合いになること
だって、彼と愛し合ってた時は赤色だったもの
燃え上がるような赤色だった

だから、私の頭の中で彼がずっとぐるぐる回り続けるの
燃えるような赤色の頃に、戻ってきて欲しい

彼を愛すること、行き止まりの道を新車のマセラッティで運転するようなもの


- Red -

Loving him is like driving a new Maserati down a dead end street
Faster than the wind
Passionate as sin, ended so suddenly
Loving him is like trying to change your mind
Once you’re already flying through the free fall
Like the colors in autumn
So bright just before they lose it all

Losing him was blue like I’d never known
Missing him was dark grey all alone
Forgetting him was like trying to know somebody you've never met
But loving him was red
Loving him was red

Touching him is like realizing all you ever wanted was right there in front of you
Memorizing him was as easy as knowing all the words to your old favorite song
Fighting with him was like trying to solve a crossword and realizing there’s no right answer
Regretting him was like wishing you never found out love could be that strong

Losing him was blue like I’d never known
Missing him was dark grey all alone
Forgetting him was like trying to know somebody you've never met
But loving him was red
Oh red burning red

Remembering him comes in flashbacks and echoes
Tell myself it’s time now, gotta let go
But moving on from him is impossible
When I still see it all in my head

Burning red
Darling it was red

Oh, Losing him was blue like I’d never known
Missing him was dark grey all alone
Forgetting him was like trying to know somebody you've never met
Cause loving him was red yeah yeah red
We're burning red

And that's why he's spinning round in my head
Comes back to me burning red

Loving him is like driving a new Maserati down a dead end street








0 件のコメント:

コメントを投稿